LES FEUILLES MORTES

夜想でいろんなタイプのアーティストをあれだけたくさん観ると音楽の楽しみ方、在り方は本当に様々だと思う。
聴いた場所、観た場所によっても当然変わるしルーツによって受け止め方も変わる。
どんなに優れた?(と云われている?)音楽なんかよりも子供の頃に聴かされたおかんの子守歌、もしくは親爺の鼻歌のほうがその人物に多大な影響を与えていたりするだろうし、印象に残っていたりする。

今回はシャンソン!ピアフの超〜衝撃的な歌声は説明する必要はないわけですが、皆さんはどういうイメージを持ってますか?
シャンソンというとどうしても日本ではハイソな上品な音楽だと思われがちですが(実際おハイソ率高し)、聞き込むとわかりますがロック的に解釈するとブルースに近い歌もあります。
自分のルーツ捜しをするとき何故かシャンソンは欠かせない!
とくにシャンソンに詳しいわけでもないのですが、あの場末の音楽波止場的なイメージはほうっておけない(笑)
いつかは挑戦してみたくなる文化のひとつです!

現在の夜想も場末のシャンソニエをロック的に解釈し、イメージしたものです!
シモーヌ深雪さんにオープニングで出演してもらったのも意味があります!
シャンソンを夜想で唄いたい!というかたはどんどん応募してきて下さい!

写真は皆さん御存知のジュリエット・グレコ!
あまりにも有名な「枯葉」これは母親がよく唄ってたからとても良く覚えているのですが何故そんな哀しい歌を(笑)

「心が宝石、歌詞が宝石だからキラキラ光る石はいらない」

「取材でね、天国に行きたいか、それとも地獄に行きたいかって聞かれたことがある。私は、こう答えたわ。天国に行っても、多分友人たちが誰もいなくて寂しいから、友人たちが先に行っているところに行きたいって」

f0175830_18373956.jpg

[PR]
# by yaso69 | 2008-06-02 18:37 | 夜想

夜想徒然なる日記

LIVE&SALON夜想の店長まあちんです!!
普段は厨房の奥に入ってます、よくPAのシュウと間違われますが実は兄弟です!

夜想は血の濃い〜人間が集う音楽や芸術や演劇もアリの恋の花も咲く素敵な酒場です!
サロンでもありライブスペースでもありシアターでもあり、ライヴを見に行くだけでなく、お喋りやお酒を楽しみに来てくれるお客さんもいます。

オープンから1年が経ち、老若男女問わずいろんな音楽家や芸術家の人達、そうでない人達に楽しませてもらって、夜想スタッフ一同にとっても濃い〜1年でしたね。
夜想を通じてしか絶対にお知り合いになれなかった人達とたくさん交流できて、本当に色んなかたに感謝しています!
その間世の中は益々アンダーグラウンド以上に暗いニュースばかりで、もはや他人事ではなくなってきていますが、こういう時こそアンダーグラウンド界に灯を点したいものですね!

時代に惑わされず、新旧、年齢にも性別にも惑わされず、メジャーマイナーに惑わされずコレ!!っていうものを見つけられたとき最高に幸せを感じます!!
そんな素晴らしい出会いが夜想にあることを願って!乾杯!!

俺の事など忘れてくれよスージー
お前はアンダーグラウンドの女王さ
毎朝枯れた花でも贈ってくれ
お前の墓には忘れずに薔薇を捧げるから

動かなきいけない〜動かなきゃならない
あんたは動かなきゃならないのさ
神の準備が出来しだい
あんたは動かなきゃならないのさ





f0175830_1543556.jpg
[PR]
# by yaso69 | 2007-12-09 00:00